自己処理の危険性

梅田エピレ

カミソリですが一回の処理で全身の毛を処理することができて便利のようですが、剃った後の毛が斜めになるために刺激を与えてしまい、次に生えてくる毛が濃く見えることがあります。また皮膚の角質も同時に落としてしまうため乾燥しやすくなったりします。

 

次に、毛抜きは処理時に多少の痛みを感じますが、脱毛効果がやや長持ちするのが特徴的。しかし毛穴が広がってしまい、そこから細菌が侵入して肌のトラブルを招きます。この毛抜きが一番避けたい自己処理の方法です。また、色素沈着や埋没毛の原因にもなります。家庭用電気脱毛器は根元から処理してくれるので長持ちしますが、いっぺんにたくさんの毛を処理することが難しく、もちろんのことですがプロの処理より劣ってしまいます。

 

薬剤の使用は化学的な脱毛方法のため、肌が弱い人だったり、普段は平気でもその日の具合によっては肌がかぶれたり、赤くなるなど炎症を起こします。またアレルギーを発症する人も少なくないので、事前のパッチテストなど準備に手間取ります。また脱毛効果の持続も少々短いようです。生活習慣や気温などいろいろな状況によっても左右されるので、自分で安易に脱毛処理をすることはオススメできません。自分の大切な肌がボロボロになって手遅れになってしまう前に、プロの技術を受けることを考えてみましょう。自分では気付かなかった肌の性質や、生活面での反省点なども見えてくるでしょう。